1. 冬でも着物を暖かく着こなしたい方必見!着物の防寒方法を詳しく解説

  2. 着物にネイルは大丈夫!?結婚式や七五三にあうネイルのデザインは?

  3. 着物を普段着で着るのはおかしい!?季節ごとのおすすめ着物

  4. 自分で着付け

    一人でも簡単に着れる!着物の着方のコツを動画で紹介

  5. 袋帯

    収納にも便利、お太鼓にしわができない帯のたたみ方

  6. たたんだ着物

    自分でできる!しわにならない着物のたたみ方

  7. 帯

    一人でもできる、着物に合わせた帯の結び方

  8. 帯と着物

    組み合わせに迷わない!帯の種類と着物の正しい組み合わせ

  9. 着物のクリーニングっていくら?料金や頻度の目安

  10. 自分にピッタリな着物を選ぶには?3つのポイントで選ぶ着物のサイズ

  11. 浴衣

    浴衣と着物は違う?意外と知らない見分け方と着用シーン

  1. 小紋

    小紋

  2. 紬

  3. 付け下げ

    付け下げ

  4. 黒留袖

    留袖

  5. 振袖の女性たち

    振袖

  6. 訪問着を着る女性

    訪問着

着物の着方

着物にネイルは大丈夫!?結婚式や七五三にあうネイルのデザインは?

「着物を着ている時にネイルをしてもいい?」「着物にはどんなネイルが合う?」など、指先までおしゃれを楽しみたい女性の方は多いでしょう。もちろん、着物とネイルを合わせても問題ありません。着物を着ていても洋服を着ていてもネイルは自由です。
今回は、着物に合うおしゃれなネイルをご紹介します。着物にどのようなネイルを合わせて良いのか悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。

着物にネイルはおかしい?

着物を着た時に、指先のおしゃれである「ネイル」をすることは決しておかしくありません。着物を着る方の中には、女性らしくありたいと考えている方も多くいらっしゃいます。
ネイルは、デザインを着物にしっかりマッチさせることで、違和感を感じることなく自然と着物に溶け込んでくれるおしゃれアイテムです。また、着物を着ている時にネイルをしてはいけないという決まりは一切ありません。
そして、普段着として着物を着る方はまだまだ少ないかもしれませんが、成人式や結婚式などの特別な日に着物を着る方は多いです。そのような特別なお祝い事で、いつも着ている洋服とは違い着物で気持ちが引き締まり、指先まで華やかに飾りたいと考える女性の方も多いでしょう。
結婚式などの正式な場では、ネイルにもマナーがありますが、普段着として着る着物にはネイルのマナーはありません。着物を着ることやネイルを合わせることは個人の自由ですので、指先までおしゃれを気軽に楽しんでください。

着物に合うおすすめのネイルデザイン10選

ここからは、着物に合うおすすめのネイルをご紹介します。セルフでできるものから、ネイリストにやってもらうものまで、幅広いネイルデザインがありますので参考にしてください。

どんな着物でも似合う「ホワイトネイル」

どんな色にも似合う白でデザインされた「ホワイトネイル」。これならさまざまな色が使われている着物にも合わせやすいですよね。
基本的には、ネイルは着ている着物の色合いに合わせると良いですが、着物も単色のものばかりではありません。多くの着物には、数種類の色や絵柄がありネイルをどの色に合わせれば良いか迷ってしまう方も多いです。
またホワイトといっても、真っ白なものからクリームがかった白、くすんだ白などバリエーションがあります。着物の雰囲気に合わせて、同じ白でも着物に似合う白をセレクトすると良いでしょう。

渋めの着物には「抜け感ネイル」

渋い色合いの着物には、「抜け感ネイル」がおすすめです。渋めの着物は、着た時に「お堅い印象」を与えてしまうことがあります。それを崩すための抜け感ネイルです。
抜け感ネイルとは、完璧ではない、きっちりしていない雰囲気を楽しむネイルのことを言います。かっちりした渋めの着物を着る時には、指先で抜け感をプラスしてあげるとバランスよくなりますよ。

大人可愛い「グラデーションネイル」

「グラデーションネイル」は、あまり派手なデザインではなくても大人可愛く見せられるネイルです。グラデーションネイルとは、爪の先から下にかけて色が変わっていくデザインのことを言います。
単色だけのグラデーションネイルでもおしゃれに見えると、幅広い年齢層の女性から大人気です。単色グラデーションに軽くラメを乗せても手元が華やかになりますね。特に人気なのがピンクのグラデーションネイルです。ピンクは女性らしさを一番出せる色合いということや、肌色によく似合う色なので指が綺麗に見えることが理由だと考えられます。

シンプルに着物を引き立てる「ワンカラーネイル」

単色でデザインする「ワンカラーネイル」は、派手なデザインを好まない女性におすすめです。1色しか使わないため非常にシンプルになりますが、その分上品な仕上がりになります。
特におすすめな色は「グレー」や「ベージュ」などのどんな色にも合わせやすいカラーです。ワンカラーネイルは、わざわざネイルを落とさなくても仕事にしていけるほどシンプルなものが多くあります。ネイルを塗ったり落としたりするのが面倒だと感じる方にもおすすめのデザインです。
さらにワンカラーネイルは、単色をただ爪に塗るだけですので自分でネイルをすることができます。ネイルのお店に行く時間がない方はぜひセルフワンカラーネイルに挑戦してみてくださいね。

手元を華やかにする「パーツネイル」

「パーツネイル」はその名の通りビジューやシールなどのパーツを爪先につけるデザインのことです。指先が華やかな印象になるため、結婚式などのお祝いの席でも人気のデザインですよね。
「ワンカラーネイルがシンプルすぎて物足りない」という方はパーツネイルにもチャレンジしてみましょう。ネイルに使用するパーツは100円ショップなどでも販売されていて手軽にできます。

今どき風の「フレンチネイル」

爪先にオフホワイトを取り入れた「フレンチネイル」は、控えめな印象を周囲に与え上品な仕上がりが人気のネイルデザインです。先にも述べた通り、ホワイトカラーはどのような着物にも似合います。着物だけではなく、洋服にも合わせやすくビジネスシーンにも違和感なくつけていられることから、オフィスネイルとしても需要が高まっています。
またホワイト以外を取り入れた「カラーフレンチネイル」も最近人気です。着物の色に合わせたカラーフレンチネイルも上品で可愛いですよね。

着物には和柄も似合う「和風ネイル」

和服である着物にもちろん似合うのが「和風ネイル」。着物の絵柄に合わせたデザインも素敵ですね。
和風の絵柄には「矢絣(やがすり)」「七宝(しっぽう)」「麻の葉」「市松文様(いちまつもんよう)」「菱菊(ひしぎく)」などネイルにしても可愛い絵柄がたくさんあります。セルフネイルをするのは難しいかもしれませんが、ネイル専門店でリクエストすると応えてくれるはずです。

指先まで艶やかさを保つ「べっ甲ネイル」

べっ甲飴のようにブラウン系のマーブル模様でデザインされたネイルを「べっ甲ネイル」と言います。和風のイメージがあるべっ甲なので着物にもぴったりです。
べっ甲とグレーを合わせれば上品な女性の印象を与えてくれるでしょう。また、べっ甲とホワイトカラーやネイビーを合わせてもおしゃれですね。艶やかな印象を持つべっ甲ネイルは、着物を着ていてもセクシーさも忘れたくない女性におすすめのネイルです。

四季を感じさせる「季節ネイル」も人気

「季節ネイル」も非常に高い人気があります。旅行やお出かけをするときに、指先まで季節を感じられたら楽しいですよね。
春には桜や押し花など、明るいピンクを基調としたデザインが人気です。夏には、ブルー系の色のネイルが人気ですね。ハイビスカスは夏の花ですが、和服の着物と合わせる場合渋めの色合いのネイルにするとハイビスカスも違和感なく描けますよ。
また秋には、真っ赤な紅葉の絵柄が人気です。秋の時期で、赤い着物を着る時にぜひ紅葉ネイルを試してみてください。そして冬には、ぽったりとした立体的なネイルが人気を集めます。セーターの編み目柄や雪模様など、冬らしいネイルが映えますね。
どの季節ネイルも、着ている着物の色や雰囲気に合わせると着物とネイルがマッチして自然に合わせることができるでしょう。

シンプルな女性らしさを漂わせる「花柄ネイル」

着物とネイルを合わせるのが初めての方は「花柄ネイル」がおすすめです。花柄はどんな女性でも可愛らしく見せてくれるデザインで、かつ和風の着物とも合わせやすい特徴があります。
派手にしたくないという方は、ベースの色をクリアカラーやベージュなどのあまり目立たない色にすると良いですね。着物ネイル初心者の方は試してみてください。

柄にあわせたネイル

ネイルに迷ったら着物の色や雰囲気にネイルを合わせよう

今回は、着物に合うネイルをご紹介してきました。さまざまなネイルをご説明してきましたが、「どれが良いのか迷ってしまう」という方は、着物の色や雰囲気に合わせてネイルを決めていきましょう。

上記でご紹介したネイルも、全ては着物に合わせることが大切です。着物の色や雰囲気とネイルがミスマッチだった場合浮いてしまいますので注意しましょう。心配な方は、シンプルなネイルから着物に合わせてみてくださいね。

関連記事