1. 自分で着付け

    一人でも簡単に着れる!着物の着方のコツを動画で紹介

  2. 袋帯

    収納にも便利、お太鼓にしわができない帯のたたみ方

  3. たたんだ着物

    自分でできる!しわにならない着物のたたみ方

  4. 帯

    一人でもできる、着物に合わせた帯の結び方

  5. 帯と着物

    組み合わせに迷わない!帯の種類と着物の正しい組み合わせ

  6. 着物のクリーニングっていくら?料金や頻度の目安

  7. 自分にピッタリな着物を選ぶには?3つのポイントで選ぶ着物のサイズ

  8. 浴衣

    浴衣と着物は違う?意外と知らない見分け方と着用シーン

  1. 小紋

    小紋

  2. 紬

  3. 付け下げ

    付け下げ

  4. 黒留袖

    留袖

  5. 振袖の女性たち

    振袖

  6. 訪問着を着る女性

    訪問着

付け下げ

付け下げとは

「付け下げ」とは、未婚・既婚を問わずに着られる着物です。

付け下げによく似た「訪問着」もありますが、若干のニュアンスが違います。

訪問着は、着物に入れられている絵柄が豪華で華やかなもので、付け下げは華やかさを控えめにした大人しい絵柄になっています。さらに、訪問着は絵柄が一つに繋がっているのに対して、付け下げの絵柄は繋がっておらず別個の絵柄になっています。

もともとは、訪問着の華やかさを無くす意味で作られたのが付け下げです。戦時中は、豪華なものや高価なものは身につけてはいけないとされていました。それは、着物も例外ではなく、その頃から着られていた訪問着は金糸や銀糸で繕われていたため着ることができませんでした。

そこで、訪問着と同じような感覚で着られるが、華やかさを控えたものとして作られたのが付け下げです。そのような事柄から作られた付け下げですが、現在では非常に使い勝手のよい着物として人気があります。

また、付け下げを着付けしたあとは絵柄が全て上を向くようになっています。そして絵柄の関係で、訪問着より付け下げの方が僅かですが、格下に位置付けられています。しかし、付け下げに「紋」を入れることで訪問着と同じ格まで上げることができるでしょう。ここで注意しておきたいのは、付け下げに紋を入れてしまうと、敷居の低い着物ではなくなってしまうため、普段着としては着られなくなってしまうということです。自分がどのように付け下げを着るのかを明確にした上で、紋を入れるか否かを決めましょう。

付け下げは、主にクラス会・お茶会・友人の結婚披露宴・パーティー・お見合い・お子様の入学式や卒業式などに着られる着物です。フォーマルからカジュアルなシーンまで着ていくことのできる、便利な着物と言えるでしょう。

訪問着も同じような場面で着られる着物ですが、訪問着との区別は、華やかさを出すか出さないかにあります。したがって、友人の結婚披露宴などの華やかなシーンでは「訪問着」、クラス会などのフォーマルなシーンは「付け下げ」というように使い分けると良いでしょう。両方とも、華やかな場所にも着ていけますが、より華やかな印象を周囲に与えたいならば訪問着の方が適しています。

さらに、付け下げは「飛び柄付け下げ」「付け下げ訪問着」「付け下げ小紋」の3種類に分けることができます。

「飛び柄付け下げ」とは、「訪問着より簡単な、しかし小紋よりは外出着」との位置付けができる付け下げです。飛び柄付け下げの絵柄は、着物の縫い目をまたがないのも特徴です。そのため、絵柄は大きくならず、控えめな印象になるでしょう。

「付け下げ訪問着」とは、訪問着と同等のような格が認められるとされています。訪問着と見た目はほとんど変わらず、訪問着のように着ることができるでしょう。そして、訪問着と付け下げ訪問着を見分ける一つの方法に絵柄の違いがあります。付け下げ訪問着は、衿や胸あたりの絵柄と裾の絵柄は繋がっておらず、別個の絵になっています。

「付け下げ小紋」は、小紋の絵柄に特徴があります。基本的に小紋の絵柄は、上下の向きは特に決まりがなくバラバラですが、付け下げ小紋の絵柄は全て「上」を向いています。このように、全ての絵柄が上を向いていることから、別名「一方付け」とも呼ばれています。付け下げ小紋は、小紋よりは気軽に着られる外出着にあたるでしょう。

付け下げの中にもさらに細かく種類分けがされています。しかし、着物に慣れていない方は着物のTPOを守って着るだけでも、着物の世界を楽しめるでしょう。