1. 自分で着付け

    一人でも簡単に着れる!着物の着方のコツを動画で紹介

  2. 袋帯

    収納にも便利、お太鼓にしわができない帯のたたみ方

  3. たたんだ着物

    自分でできる!しわにならない着物のたたみ方

  4. 帯

    一人でもできる、着物に合わせた帯の結び方

  5. 帯と着物

    組み合わせに迷わない!帯の種類と着物の正しい組み合わせ

  6. 着物のクリーニングっていくら?料金や頻度の目安

  7. 自分にピッタリな着物を選ぶには?3つのポイントで選ぶ着物のサイズ

  8. 浴衣

    浴衣と着物は違う?意外と知らない見分け方と着用シーン

  1. 小紋

    小紋

  2. 紬

  3. 付け下げ

    付け下げ

  4. 黒留袖

    留袖

  5. 振袖の女性たち

    振袖

  6. 訪問着を着る女性

    訪問着

小紋

小紋とは

「小紋」とは、上下関係がない同じ柄が、全体に散りばめられている着物のことを指します。その柄の大きさには特に決まりはなく、大きな柄でも同じ絵が全体に入れられている場合には小紋です。同じ柄をたくさん染色するために「型紙」が必要とされ、型紙で染色されることから「型染め」とも呼ばれます。

小紋は、一般的には礼装や準礼装に当たらないため、「外出着」として着られることが多いでしょう。親しい人との食事会や観劇、ショッピングなどのお出かけ時に着ることができる着物です。

しかし、小紋にも数種類あり、中では結婚式に出席する際に着られるような小紋もあります。

「江戸小紋」は、小紋の中でも上品で奥ゆかしい絵柄のため、一つ紋を入れると格式が高くなり友人の結婚披露宴に着ていくことができます。一つ紋を入れることで、準礼装と同等の格式まで引き上がります。ここで注意したいのが、ただの「江戸小紋」ではなく「一つ紋の入った江戸小紋」ではないといけません。しかし、一つ紋が入ったとはいえ小紋です。格式高いホテルや結婚式場での結婚披露宴に出席予定の場合には、「色留袖」「訪問着」といった、着物自体の格式が高いものを選んだ方が無難でしょう。

また、新郎新婦との間柄でも、小紋で良いのか避けるべきなのかが分かれます。

自分が新郎新婦の親族であった場合には、ゲストをもてなす側に当てはめられるため、小紋は避けるべきです。しっかりと格式のある着物を着ましょう。友人として参加する時や2次会からの参加の場合には、小紋でも問題ありません。

しかし、友人として参加する結婚披露宴にて、友人代表のスピーチなどの大役を任されている場合には、やはり小紋ではなく「色留袖」や「訪問着」を着ていくことがマナーとなりますので注意しておきましょう。

小紋の模様は、細かければ細かいほど格式が高いと判断されます。そして、細かい柄は「江戸小紋三役」と呼ばれています。江戸小紋三役の中で、「鮫」「角通し」「行儀」の3つが代表的な江戸小紋の絵柄です。「鮫小紋」はサメの肌のようにきめ細かく染色されているため鮫小紋と呼ばれています。「角通し小紋」は小さな四角い正方形を並べたような絵柄です。現代でいうと細かなチェック柄をイメージしてもらうと分かりやすいのではないでしょうか。「行儀小紋」は、小さな霰(あられ)斜めに並べた模様を指します。これは細かな水玉模様のような見た目となっています。

また、江戸小紋三役の3つに、「大小あられ」「万筋」の2つが加わると「江戸小紋五役」と呼ばれるようになります。江戸小紋三役は、あまりにも模様が小さく繊細なため、遠目で見ると「無地」に見えるところが特徴です。

さらに、江戸小紋の型紙の中で、「伊勢型紙」と呼ばれる型紙があります。伊勢型紙の歴史は古く、1000年以上前から現代まで伝えられてきました。そうした、歴史のあるものには格式が高く評価されるのです。

小紋は、散りばめられた絵柄から、カジュアルに着こなすことができる外出着です。

「紅型小紋(びんがたこもん)」は、沖縄地方の独特な染色で、特徴のある小紋です。また、「更紗(さらさ)」とは、異国的で南方性の絵柄です。個性を出したい方におすすめの小紋でしょう。さらに、「縞(しま)」は小粋で慎ましい印象を与えてくれる小紋になっています。

このように、小紋の模様は派手なものから控えめなものまで幅広く揃っています。控えめな小紋には、絵柄を強調した帯などを合わせて遊んでみても良いでしょう。