1. 着物にあわせる靴は何がいい?場面に合わせて靴選び

  2. 着物にあわせてバッグを選ぶ!季節や場面ごとのおすすめバッグ

  3. 着物にネックレスはNG?着物で出かけるときのアクセサリー

  4. 着物デビューは初詣で!初詣におすすめの着物を紹介♪

  5. 冬でも着物を暖かく着こなしたい方必見!着物の防寒方法を詳しく解説

  6. 着物にネイルは大丈夫!?結婚式や七五三にあうネイルのデザインは?

  7. 着物を普段着で着るのはおかしい!?季節ごとのおすすめ着物

  8. 自分で着付け

    一人でも簡単に着れる!着物の着方のコツを動画で紹介

  9. 袋帯

    収納にも便利、お太鼓にしわができない帯のたたみ方

  10. たたんだ着物

    自分でできる!しわにならない着物のたたみ方

  11. 帯

    一人でもできる、着物に合わせた帯の結び方

  12. 帯と着物

    組み合わせに迷わない!帯の種類と着物の正しい組み合わせ

  1. 小紋

    小紋

  2. 紬

  3. 付け下げ

    付け下げ

  4. 黒留袖

    留袖

  5. 振袖の女性たち

    振袖

  6. 訪問着を着る女性

    訪問着

着物の着方 着物の豆知識

冬でも着物を暖かく着こなしたい方必見!着物の防寒方法を詳しく解説

「冬に着物って寒くないの?」と考える方も多いかもしれません。しかし、実際には洋服と同じくらい暖かく着られる寒さ対策や防寒グッズがたくさん発売されています。
今回は、冬に着物を着る時にどうやって防寒をするのか、その方法やアイテムについて詳しくご紹介します。プライベートで着物を着ている方も、冬に着物は寒くて着られないという方もぜひ今回紹介する寒さ対策を実践してみてください。

着物の防寒はどうやるの?

冬の時期に着物を着ると「寒そう」と思われているかもしれませんが、洋服を着る時と同じように着物も寒さ対策をしっかりと行っています。具体的に、着物の防寒をどのようにしているか詳しくご説明しましょう。

着物と雪

コートや羽織で防寒する

冬の時期に着物を着ている方を見るとお分かりいただけるかもしれませんが、着物にも着物用のコートや羽織があります。

道行コート

道行(みちゆき)コートは、着物の外出用コートです。首元が四角く開かれており、額のように仕立てられています。道行コートには「袷(あわせ)」という布が二重に縫われているものと、「単衣(ひとえ)」という1枚の布でできているものがありますが、真冬の寒い時期には袷の道行コートがおすすめです。
道行コートはあくまでも外出用ですので、室内に入ったら脱ぐことがマナーとされています。

羽織

羽織は、その名の通りカジュアルに羽織れるジャケットのようなものです。羽織はコートとは違い室内で着ていても問題ありません。(ただしお茶会ではNG)冬ではウールの羽織が暖かく人気となっています。
そして、先にも述べたように羽織はカジュアルに着こなすこともできます。そのため、羽織も柄物、着物も柄物、つまり柄+柄でもおしゃれに着こなすことができるでしょう。洋服ではなかなか柄物同士を合わせることはないかもしれませんが、着物ではおしゃれに見えますよ。

外套

外套(がいとう)は、道行コートよりもさらに冬用の和装コートです。英語では「オーバーコート」と言われています。着物の一番外側に着るコートで、袖周りや背中側もゆったりとした作りになっているため帯や着付けを崩さずに着脱が可能です。
ただし、外套は洋服でいるダウンコートやロングコートのような役割ですので、室内に入る前には必ず脱ぎましょう。そして外套は冬用で厚みがあるコートなので、室内で持ち歩けるように大きめのサブバッグを持っておくと便利です。

ケープ・ポンチョ

着物を普段着として着る方や、礼装ではなくカジュアルに着こなす方は、洋服のケープやポンチョを合わせても良いですね。わざわざ和服用のコートを買わずとも、ご自身で既に持っているポンチョなどを代用することもできます。
ケープやポンチョは、袖周りがゆったりしたデザインなので着物を着ている時にもすんなり着脱できるはずです。

インナーを工夫する

真冬に着物を着ル時はインナーから工夫するのが一般的です。洋服を着る時にも着ている「冬用のインナー」を着物の下に忍ばせましょう。「極暖」などと書かれたインナーでも着物の下に着てしまうので周囲には気づかれません。
しかし、インナーで注意すべき点は首元が大きく開いているものを選ぶこと。着物の衿からインナーが見えてしまうと、せっかくの着物の色気が失われてしまいます。首元が大きく開いているインナーを選ぶことで極力インナーを見えないようにしましょう。
また、「首元はそこまで大きく開いていないインナーしか持っていない」という方は、インナーの後ろ前を逆に着ることで前側の大きく開いた部分が首後ろへ移動します。着物を着た時に、前側よりも後ろ側の首元が大きく開くため後ろからインナーが見えないことが大切です。
そして、着物には「身八つ口(みやつぐち)」という縫い合わされていない部分があります。どうしても身八つ口から冬の冷たい隙間風が入り込んで寒さを感じる方も多いです。こうしたインナーを工夫することで寒さを防止することが可能ですよね。

足元には暖かい素材で防寒

「着物と言ったら足元がスースーして寒そう」という意見もよく耳にします。洋服に合わせる靴下にも冬用のもこもこしたものがあるように、着物の足袋にふわふわした冬用素材のものが存在するのです。
最近では、下駄の前側に風を避けるためのカバーがつけられている下駄も販売されています。さらに、「着物だから下駄は絶対」と決めつけずに冬物ブーツなどを合わせてもカジュアルな着こなしでおしゃれです。着物にブーツは、近年の成人式でも見られますよね。
また、着物は前側が完全に閉められているわけではありませんので、そこから入ってくる隙間風に対する防寒として「和装用ストッキング」や「和装用タイツ」も販売されています。ポンチョの時と同じく、ストッキングやタイツも和風用をわざわざ購入せずとも、洋服に合わせるレギンスなどを代用しても良いでしょう。
ただし、風が強く吹いて着物がはだけてしまった場合にちらっとレギンスが見えてしまうこともあります。礼装時には洋服用のレギンスではなく、和装用のストッキングかタイツを着用しましょう。

雪の日の着物

ロンググローブで手先の防寒

着物の特徴として、どうしても袖の部分が大きく開いています。そこからスースーと風が入ってきて寒さを感じる方も多いでしょう。
手先の防寒には「ロンググローブ」を活用しましょう。ロンググローブはその名の通り、腕まで長さのある手袋です。ウール素材のロンググローブを選べばぽかぽか暖かいですし、レザー素材のロンググローブを選べばセレブのようなおしゃれを楽しめます。
ロンググローブも室内では使用しません。これは洋服の時に着用する手袋と同じですよね。

大判ストールやショールで首元を温める

最後に、うなじを綺麗に見せるために着物を後ろに少しずらして着付けを行います。衿の後ろ側が開くため、うなじから背中の上部がちらっと見えて着物特有の色気を出してくれます。
しかし真冬で首元が開いていると寒く感じてしまいますよね。洋服を着る時にはマフラーを首に巻く方が多いのではないでしょうか。着物ではマフラーではなく、「大判ストール」や「ショール」で首元を温めます。
着物にストールなどを合わせる時には緩めに巻きましょう。首にふんわりと巻くようなイメージで防寒をすると着物とも違和感なく使用できますよ。
また、成人式などでよく見かける「ファー」も寒さ対策の一つです。しかしファーは結婚式などの正式な場ではマナー違反となります。動物の毛を使用していることから、お祝い事の席では相応しくないとされているのです。成人式と結婚式では着物のマナーが異なることがありますので注意しましょう。

着物ストール

礼装時には着物の素材で寒さ対策

これまでご紹介してきた防寒方法の中には、礼装時には使えないものもありました。例えば、足元の防寒として洋服用のレギンスやブーツを着物と合わせることは結婚式などの正式な場所ではマナー違反となります。
礼装をしなくてはならない正式な場面では、正式な和装用インナーを使用しましょう。

  • 肌着
  • 下履き
  • 裾よけ
  • 肌襦袢

従来と比べて、現在の冬用の和装インナーは素材が工夫され非常に暖かく着られるものも多くなっています。正式な場所に着ていく際には、万が一見えてしまってもマナー違反にならない和装用のインナーで上手く防寒しましょう。

防寒をしっかりして冬でも着物を楽しもう

今回は、冬の時期に着物を着る時の寒さ対策についてご説明してきました。着物にも、洋服と同じように冬用の防寒グッズがたくさんあります。確かに、洋服に比べると隙間が空いている場所が多い着物は寒く感じるかもしれません。しかし、近年では着物でもしっかりと寒さ対策ができるように防寒グッズが工夫されて登場しています。着物の防寒グッズを活用して、真冬でも着物を楽しんで着こなしましょう。

冬の着物

関連記事